緑黄色野菜の望ましい摂取量は

120g/日

 

もし、あなたが健康に気を付けている方ならば、1日の野菜(目標)摂取量は350gというのはよくご存じでしょう。その中でも、
緑黄色野菜*は、1/3程度摂取する必要があることをご存じでしたか?

参考:厚生労働省健康日本21より
*緑黄色野菜:カロテンを可食部100g中に600マイクログラム( 600 ㎍ ) 以上含む野菜の総称

緑黄色野菜には、β-カロテンをはじめ、ビタミンC・K、葉酸、カリウム、鉄、カルシウム、食物繊維などが含まれています。
さらに、カロテノイドやポリフェノールなどのファイトケミカルとよばれる色素や香りなどの成分は、健康に役立つ機能性成分です。
つまり、美容・健康・免疫力向上など、カラダにとってのメリットがたくさん得られるのです。

今日からは、緑黄色野菜の望ましい摂取量を意識的にとることをおすすめします。

【野菜から摂れる栄養素】 
【不足すると・・・】
 このようなリスクが考えられます。

 

日本人の野菜摂取量の平均は約280.5g…あと70g/日 不足しています。特に緑黄色野菜をとりましょう! (令和元年「国民健康・栄養調査」より)

★野菜不足にぴったりなおすすめ商品はこちら↓

【夏の疲れに】

食事ではしっかり野菜をとっていても、夏場は暑さや強い紫外線で、疲れやだるさなど夏バテの症状が現れやすく、特にビタミンCの消耗が激しいのが特徴です。気を付けていても不足しがち・・・・なのです。

サプリメントを上手に使って、ビタミンCを補いましょう。

アスコルビン酸としても知られるビタミンCは、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高める働きを持つ抗酸化ビタミン*です。主な特徴は、

① 水溶性のビタミン
② 体内で生成できない
③ 酸化ストレスにより減少
④ 新鮮な果物、野菜から摂取可能

です。

*抗酸化ビタミンとは、たんぱく質や脂質、DNAなどが酸素によって酸化されるのを防ぐ作用を持つビタミンのこと

ここで、チェックしてみましょう!

☑ 疲れやすい方

☑ 免疫力が低下して風邪や感染症にかかりやすい方

☑ 肌のハリ、しみそばかすが気になる方

☑ 飲酒の機会が多い方

☑ ストレスが多い方

☑ タバコをよく吸う方

☑ 歯ぐきから血の出やすい方

☑ 激しい運動をする方

あなたは、いくつ思い当たりましたか?
1つでも当てはまるものがあれば、「ビタミン不足」かもしれません。

★ビタミン不足にぴったりなおすすめ商品はこちら↓↓↓